カテゴリー「ラブストーリー」の4件の記事

花より男子ファイナル

 今日から、井上真央さん、松本潤さん主演の「花より男子ファイナル」が公開です。

 「花より男子」は、セレブばかりが集まる英徳高校に入学した牧野(井上真央)と、学園を仕切る道明寺(松本潤)をはじめとする、御曹司4人組の友情と恋愛を描いた作品です。
 原作は、神尾葉子さんの少女漫画『花より男子』。

 主人公の牧野は、超がつく貧乏。
 一方、御曹司4人組・F4の道明寺は、世界を羽ばたく道明寺家のご子息。
「花より男子ファイナル」では、高校卒業後のそれぞれを描きます。

 

 昨日の総集編をご覧になった方は、より一層、見たいという気持ちでいっぱいになったのではないでしょうか?

 もちろん、私も同じです。
 スケジュール上、私は7月中旬過ぎにしか見に行くことができませんが、楽しみにしています。

 

 
花より男子 ファイナル PHOTO BOOK (フォトブック) 2008年 [雑誌]
花より男子 ファイナル PHOTO BOOK (フォトブック) 2008年 [雑誌]
集英社 2008-06-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
+act. 15 (2008)―visual movie magazine (15) (ワニムックシリーズ 108)
SWITCH vol.26 No.5(スイッチ2008年5月号)特集:松本 潤[1/5の渇き]
花より男子ファイナル オリジナル・サウンドトラック
花より男子2 (リターンズ) [DVD]
花より男子2(リターンズ) オリジナル・サウンドトラック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花より男子F(ファイナル) PHOTO BOOK

 今日、集英社から、ノンノ特別編集「花より男子F(ファイナル) PHOTO BOOK」が発売です。

 

花より男子 ファイナル PHOTO BOOK (フォトブック) 2008年 [雑誌] Book 花より男子 ファイナル PHOTO BOOK (フォトブック) 2008年 [雑誌]

販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いよいよ公開される、井上真央さん、松本潤さん主演の映画「花より男子F(ファイナル)」。
 人気シリーズの完結編とあって、楽しみにしていらっしゃる方も多いですよね。

 花より男子Fの公開に先駆けて、メイキング写真集「花より男子F(ファイナル) PHOTO BOOK」が発売されました。
 撮影現場でのオフショットや原作者・神尾葉子さんのルポ・マンガなど、花より男子の魅力がいっぱい詰まった一冊になっています。

 
 私も子供と見に行く予定です。
 予告編を見ただけでも、ドキドキした仕上がりになっているので、楽しみ。
 今から待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋するマドリ

 1月25日に、新垣結衣さん初主演の映画 『恋するマドリ』 のDVDが発売されました。

恋するマドリ プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]
恋するマドリ プレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]

関連商品
にっこり新垣結衣 in 恋するマドリ [DVD]
新垣結衣主演作品 P&Gパンテーンドラマスペシャル トゥルーラブ [DVD]
そらFilms [DVD]
フレフレ少女 [DVD]
SWITCH Vol.25 No.8 (スイッチ2007年8月号) 特集:十代のいま、十代のころ新垣結衣(撮影=梅 佳代)
by G-Tools

 監督は、大九明子さん。
 はじめの1人暮らしから始まる青春ラブストーリー。
 引っ越しをきっかけに偶然出逢った、男女3人の交流が描かれています。

 そのほかの出演者は、松田龍平さん、菊地凛子さん。

 DVDは、 「通常盤」  「プレミアム・エディション」 の2タイプ。
 プレミアム・エディションには、メイキング映像などを収録した特典ディスク、スペシャル・フォトブックがついています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恋空

 映画 『恋空』 を見てきました。

 どんな映画に仕上がっているんだろうと心配でしたが、子供が見てもまあOKなものでした。
 少しだけほっ…。

 映画の感想はというと、正直物足りなかったかな…。
 時間の関係でしょうが、少し中途半端な気がしました。

 友達同士のぐちゃぐちゃした部分は丸ごとカットだったので、学生時代特有の、友人関係の悩みや支えあいといったものがなくなってしまいました。
 この物語の中ではとてもいいシーンなので、欠けてしまって残念でしたね。

 また、大学に入ってからの部分はかなり省略されていたので、優のいい人さがよくわからないままとなってしまいました。
 ヒロと優の間でなぜ揺れ動いて最後に決断をしたのかは、人生の岐路に立たされた場面。
 もう少し背景説明があると良かったかなと思います。

 個人的な意見としては、映画よりもドラマのほうが良かったのではないかな…と思います。
 でも、本の内容からいって放送は厳しいですね…。

 この映画での注目は、三浦春馬くん。
 『14歳の母』 からのイメージが強いのですが、もっと前から活動していたとのこと。
 これからの活躍が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)