カテゴリー「ランキング」の5件の記事

Amazon 上半期ブルーレイディスクトップ10【2008】

 Amazonが上半期(2007年12月1日~2008年5月31日)のブルーレイディスクトップ10を発表しました。
 ランキング結果は、次のとおりです。
 

 1位 バイオハザード トリロジーBOX(3枚組) (Blu-ray Disc)
 2位 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド (Blu-ray Disc)
 3位 劇場アニメーション 「秒速5センチメートル」Blu-ray Disc
 4位 アイ・アム・レジェンド (Blu-ray Disc)
 5位 .hack//G.U. TRILOGY (Blu-ray)
 6位 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア (Blu-ray)
 7位 劇場アニメーション「雲のむこう、約束の場所」 Blu-ray Disc
 8位 オペラ座の怪人
 9位 レミーのおいしいレストラン (Blu-ray Disc)
10位 機動戦士ガンダムF91 (Blu-ray)

 

 1位は、人気のSFアクションシリーズ「バイオハザード」。
 ブルーレイとDVDが同日発売しましたが、DVDよりもブルーレイのほうが売れたそうです。
 時代はもう、ブルーレイなのかしら?

 ブルーレイは、アクション映画やアニメ映画に強いとか。
 ランキングを見てもわかりますね。

 

 私もアクション映画やアニメは大好き。
 となったら、ブルーレイにしなくちゃ、もったいない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上半期興行収入トップ10【米国編】

 上半期の興行収入トップ10。
 今回は米国編です。

 

 シネマ最前線 日本の上半期興行収入トップ10 >>>

 

 さっそく、ランキングを見てみましょう。

 1位 アイアンマン (パラマウント) 2億9,800万
 2位 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (パラマウント) 2億7,650万
 3位 アイ・アム・レジェンド (ワーナー・ブラザース) 2億5,640万
 4位 ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 (ディズニースタジオ) 2億2,000万
 5位 アルビン/歌うシマリス3兄弟 (20世紀フォックス) 2億1,730万
 6位 ホートン/ふしぎな世界のダレダーレ (20世紀フォックス) 1億5,360万
 7位 JUNO/ジュノ (20世紀フォックス) 1億4,350万 
 8位 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (ディズニースタジオ) 1億3,150万
 9位 セックス・アンド・ザ・シティ (ニューライン) 1億1,950万
10位 カンフーパンダ (パラマウント) 1億1,730万

 米国の1位は、『アイアンマン』。
 アメリカンコミックを映画化したものです。
 日本同様、ベテラン俳優の演技力が大ヒットの理由。
 コミックファンだけでなく、幅広い層に支持されました。

 一方、伸び悩んだのが、『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』。
 私はなかなかよかった思ったのですが、興行収入は前作の半分だとか。
『ライラの冒険黄金の羅針盤』同様、ファンタジーモノが、アメリカではダメだったようです。

 さて、みなさんは、このうちのいくつを見ましたか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上半期興行収入トップ10【日本編】

 上半期の興行収入トップ10が発表されました。

 

 シネマ最前線 日本の上半期興行収入トップ10 >>>

 

 ランキングが次のようになっています。

 1位 相棒-劇場版- (東映) 43億【最終見込み】 
 1位 アイ・アム・レジェンド (ワーナー・ブラザース) 43億 
 3位 ザ・マジックアワー (東宝) 40億【最終見込み】
 4位 ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 (ディズニースタジオ) 35億【最終見込み】
 4位 ライラの冒険 黄金の羅針盤 (ギャガ・松竹) 35億
 6位 ドラえもん/のび太と緑の巨人伝 (東宝) 33億
 7位 マリと子犬の物語 (東宝) 31億
 7位 L change the WorLd (ワーナーブラザース) 31億
 9位 魔法にかけられて (ディズニースタジオ) 30億
10位 ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記 (ディズニースタジオ) 25億

 

 相棒は強いですね~。
 水谷豊さんは、一躍有名人となりました。
 22年ぶりに発売したアルバムもヒットしていますね。
 
 実は私は相棒を見たことがないので、今、あせっています。 (^_^;)
 さっそく、見てみなくっちゃ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キネマ旬報ベスト10【2007年編】

 2007年公開の映画を対象とした、第81回キネマ旬報ベスト10が発表されました。
 ランキングは次のようになっています。

 

 日本映画

 1位 それでもボクはやってない
 2位 天然コケッコー
 3位 しゃべれども しゃべれども
 4位 サッド ヴァケイション
 5位 河童 (かっぱ) のクゥと夏休み
 6位 サイドカーに犬
 7位 松ヶ根乱射事件
 8位 魂萌 (も) え!
 9位 夕凪 (なぎ) の街 桜の国
10位 腑 (ふ) 抜けども、悲しみの愛を見せろ

それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
それでもボクはやってない スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
東宝 2007-08-10
売り上げランキング : 26644

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
アンテナ スペシャル・エディション [DVD]
SWITCH vol.27 No.5(スイッチ2009年5月号)特集:加瀬 亮[今が未来につながるのだとしたら]
クイック・ジャパン83
about love アバウト・ラブ/関於愛 [DVD]
FROG RIVER [DVD]

 

 「それでもボクはやってない」 は、電車内で痴漢と間違われ、逮捕・起訴された男性の姿を通して、日本の司法制度を描いた作品です。

 本当はやったんじゃないの? と思わせるところもあって、最後までドキドキ。
 とても考えさせられる映画です。

 

 ★ 外国映画

 1位 長江哀歌
 2位 善き人のためのソナタ
 3位 今宵 (こよい) 、フィッツジェラルド劇場で
 4位 クィーン
 5位 バベル
 6位 やわらかい手
 7位 ドリームガールズ
 8位 ボルベール <帰郷>
 9位 ゾディアック
10位 パンズ・ラビリンス

 「長江哀歌」 は、経済の発展が急速に進む中国の人々を描いた作品です。
 私も見てみたいなと思っています。

  

 ★ 各賞

 主演女優賞 竹内結子
 助演女優賞 永作博美

 主演男優賞 加瀬亮
 助演男優賞 三浦友和

 新人女優賞 蓮佛美沙子
 新人男優賞 林遣都

 日本映画監督賞 周防正行
 外国映画監督賞 賈樟柯 (ジャ・ジャンクー)

 文化映画作品賞 ひめゆり

 

 みなさんがご覧になった映画はいくつありましたか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年ハリウッド女優出演料ランキング

 米国の芸能誌 「ハリウッド・リポーター」 が、ハリウッド女優の出演料ランキングを発表しました。

 さっそくランキングを見てみましょう。 

 1位 (↑) リース・ウィザースプーン  1500万~2000万ドル
 2位 (↑) アンジェリーナ・ジョリー  1500万~2000万ドル
 3位 (↑) キャメロン・ディアス 1500万ドル~
 4位 (↓) ニコール・キッドマン  1000万~1500万ドル
 5位 (↓) レニー・ゼルウィガー  1000万~1500万ドル
 6位 (↑) サンドラ・ブロック 1000万~1500万ドル
 7位 (↑) ジュリア・ロバーツ  1000万~1500万ドル
 8位 (↓) ドリュー・バリモア 1000万~1200万ドル
 9位 (↑) ジョディ・フォスター  1000万~1200万ドル
10位 (↓) ハル・ベリー  1000万ドル

 * (↓) (↓) は、昨年と比較しています。
 * はオスカー受賞者です。

 今年、見事1位に輝いたのは、リース・ウィザースプーン。
 昨年の1位から見事にランクアップしました。

 2位のアンジェリーナ・ジョリーとは、ギャラはほぼ同額。
 日本円にすると、約16億5000万~22億円です。
 わずかな差で、ハリウッドから評価され1位となりました。


 ウィザースプーンは、2001年に公開された主演作 「キューティ・ブロンド」 で評価され、2006年には 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」 (ジェームズ・マンゴールド監督) でアカデミー主演女優賞を受賞しました。

 

ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編 [DVD]
ウォーク・ザ・ライン 君につづく道 特別編 [DVD]

関連商品
アット・フォルサム・プリズン
ニューヨーク・ニューヨーク(2枚組特別編) [DVD]
デュエット
Walk the Line
アット・サン・クエンティン(ザ・コンプリート 1969年コンサート)
by G-Tools

  
 2位のアンジェリーナジョリーは、昨年の8位から一気にアップ。
 2000年の 「17歳のカルテ」 (ジェームズ・マンゴールド監督) でアカデミー助演女優賞を受賞。
 2005年にブラッド・ピットと共演した 「Mr.&Mrs.スミス」 (ダグ・リーマン監督) もよく知られていますね。

 今年の 「ベオウルフ/呪われし勇者」 (ロバート・ゼメキス監督) は大ヒット。
 日本でもこの1日から公開が始まっています。
 さらに、 「マイティ・ハート/愛と絆」 (マイケル・ウィンターボトム監督) では、アカデミー主演女優賞の有力候補といわれています。

 私も大好きで、 「トゥームレイダー」 のようなアクションモノも何回か見ています。

 3位のキャメロン・ディアスは昨年の5位からアップ。
 オスカー受賞者ではないのに高額のギャラ。
 日本での人気からもわかりますが、すごいですね。
 とってもチャーミングで、私も大好きです。

 
 ランキングを見てみると、昨年トップだったニコール・キッドマンが4位にダウン。
 レニー・ゼルウィガーも昨年の3位からダウンしてしまいました。

 でも、サンドラ・ブロック、ジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスターという大女優が昨年はランク外だったのに見事復活してきました。
 中でも、ジョディ・フォスターは憧れの女性なので、これからもっとランクアップしてほしいですね。

 
 さて、ランキングを見てきましたが、いかがだったでしょうか?
 予想通りでしたか?

 トップクラスとはいえ、1本の映画で十億円を超えるギャラが発生するハリウッド。
 まさに世界の夢が詰まった場所ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)